美しい写真を著作権フリーで利用できる「Unsplash」の使い方をシンプルに解説

個人的に世界一使いやすいと考えている画像サイト「Unsplash」。

日本語に対応していないということもあって、なるべく多くのユーザーに使ってもらいたく、今回Unsplashの使い方について解説記事を書きました。

また、アカウントを作成することでどのような拡張機能を利用できるのかについてもまとめています。

Unsplashとは?

Unsplashは、ユーザーによって投稿された美しい画像の数々を、無料・枚数制限なしで利用することが可能です。

商用問わず、著作権フリーで使用することができます。

プレゼン資料やブログのアイキャッチ画像などに幅広く利用されているサイトですが、デスクトップ・スマホ壁紙のサイトとしても優秀です。

Unsplash

Unsplashの使い方

Unsplashは非常にシンプルで、とにかく使いやすいのが特徴です。

画像を検索するには、画面上もしくは中央の検索窓に、自分のイメージする単語を入力するだけです。

試しに「Orange」と入力してみたところ、12.2k(=12,200)枚の画像がヒットしました。

画像をダウンロードするには、画像右下の[↓]マークをクリックすれば即座にダウンロードされます。

注意点として、Unsplashは海外のサイトゆえに、英単語でしか画像が検索できないことに注意です。

画像投稿者のクレジットを表記する必要は?

Unsplashの画像を利用するにあたって、投稿者などについてのクレジットを表記する必要は特にありません。

たとえそれが商業目的であっても、非商業目的であっても同様です。

All photos published on Unsplash can be used for free. You can use them for commercial and noncommercial purposes. You do not need to ask permission from or provide credit to the photographer or Unsplash, although it is appreciated when possible.

Unsplashで公開されているすべての写真は無料で使用できます。あなたは商業目的および非商業目的でそれらを使用することができます。可能であれば高く評価されますが、あなたは写真家に許可を求めたり、写真家にクレジットを提供したりする必要はありません。

Unsplash – License

ちなみに、投稿者のライセンスを表記したいのであれば、画像をダウンロードした際に表示されるウィンドウから、投稿者のライセンス表記のテンプレートを「Copy」できます。

ライセンス表記のダウンロード

クレジット表記例は以下の通りです。繰り返しになりますが、別にクレジットを表記する必要はありませんよ。

オレンジ

Photo by Denise Johnson on Unsplash

Unsplashでアカウントを作成してみた

Unsplashでは、アカウントを作成してログインすることで、画像を投稿したり、自分だけの画像コレクションを作成したりすることができます。

アカウントの作成方法はいたって簡単。

サイト右上の「Join free」をクリック、名前、メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力するだけです(First name=名、Last name=姓)。Facebookでもログインできます。

画像右上の[+Collect]をクリックすることで、画像をコレクションに加えることができます。

画像をダウンロードして即使用するユーザーにとっては不要な機能ですね。