自信、自制心、成功体験、モチベーション。筋トレをすることで得られる4つのメリット

Hello, brother. This is upsetti.com

ジムにおける週3回の筋トレを1ヶ月強、自宅での自重トレーニングも含めるとトータルで3か月近い期間、筋トレを継続しています。

今の自分にあって3か月前の自分にないもの、それは「自信」です。

今回は、筋トレを継続することによって得られる自信を4つ挙げてみました。

3か月程度の継続で語りが過ぎましたが、この記事を読んで1人でも多くの人が筋トレに従事してくれることを願ってのことです。

1.筋肉は絶対に裏切らない

「筋肉は絶対に裏切らない」この言葉を聞いた以前の私なら、おそらくこう思ったことでしょう。

「筋トレ程度で大げさな!」「ハッ、筋トレしているヤツはバカばっかりだな!」と。

しかし、過去の私はこの言葉の真の意味を理解できていないのです。

受験勉強、ブログ、起業といったチャレンジは、必ずしも努力した分だけ成果が出るものではありません。

やってもやっても成果が出ない、ときには方向性すら疑ってしまう。

そんな中で、筋トレは努力が余すことなく成果に反映されます。努力が無駄にならないのです。

限界重量を持ち上げ、食事管理を徹底し、夜の12時までに就寝する。

このルーティンを忠実に続けていれば、やがて筋肉は大きくなっていきます。

また、筋トレは成果が出るまでのスピードも速い。

ブログが良くて半年、長くて2,3年で成果が出てくるのに対して、筋トレはトレーニングからおよそ2週間で筋肉がつきはじめます。

これが、ちまたで「筋肉は絶対に裏切らない」と言われている理由です。

【肉体改造1ヶ月目】1日のスケジュール・食生活・身体の変化を記録しておきます

2.筋トレがひとつの「成功体験」になる

限界に向き合った分だけ、筋肉が大きくなる。

考え方を変えると、筋肉の大きさは、自分の限界に挑戦しそれを乗り越えた証なのです。

ここでまた、以前の私ならこう考えたでしょう。

「ハッ、筋肉なんて女を騙すためのハリボテだ。大事なのは中身なんだよ!」

ここまで読んだ方ならもう理解していると思いますが、筋トレは自分の内側と向かい合うための儀式です。

あくまで例え話で、筋トレのイメージを悪くするつもりは一切ありませんが、

「これ以上持ち上げられないよ…」と甘ったれる自分に対して、

「あと2回、いや3回持ち上げろクソッタレ!」とツバを吐きかけてやるのが筋トレです。

さながら『セッション』のニーマンとフレッチャーです。

フレッチャーなしに、ニーマンはあの演奏にたどり着くことはできなかったでしょう。

そんな内的経験を積み重ねた先にあるのが、大きく逞しい筋肉なのです。

その筋肉を、どこの誰がハリボテと言えましょうか?

3.自分の欲求をコントロールする

先ほども書いたように、筋トレは己を律してこそ成り立ちます。

限界重量を持ち上げ、食事管理を徹底し、夜の12時までに就寝する。

このフローを徹底して行うためには、強い自制心が必要です。

筋トレの効率を高めるため、常に限界重量の少し上に挑み、食べたい物を我慢し、夜更かしもしない。

このように自分の欲求をコントロールできるのは、間違いなくひとつの才能・能力です。

私生活で自分をコントロールできる人は、ほぼ間違いなく仕事やその他のチャレンジでも人一倍の成果を上げることができるでしょう。

以前、メンタリストのDaiGoさんによる効果的な休日の過ごし方に関する記事をアップしましたが、そこでも「自分をコントロールすることで得られる幸福感」について言及しています。気になる方はご覧ください。

【ホリデイリフト】休日に部屋でゴロゴロは逆効果⁉メンタリストDaiGoの「休日の効果的な過ごし方」とは?

4.「根拠のない自信」が精神的な安定を確保する

筋トレをすることで、テストステロンという男性ホルモンが分泌されます。

医学レベルでの詳しい知識は持ち合わせていませんが、体内のテストステロン値が高まることで、思考が必然的にポジティブになります。

テストステロンが分泌されると

「周りの敵が見当たらねぇ」

「おいおい、自分末恐ろしいな」

「自分の限界が見えない」

「ジムにあるプレート全部持ってこい!」

「今日は俺が休むんじゃない、ジムに休ませてやるんだ」

「世界…征服してみるか…」

なんの根拠もなく全能感が得られます。

『筋トレが最強のソリューションである』p21

この「根拠のない全能感」というのが非常に重要です。

面倒な上司や知人もいざとなれば力ずくでねじ伏せられる(本当にやったらアウトですが)という自信が、あなたに精神状態の安定をもたらしてくれます。

人格を否定されるようなことを言われても、「俺より筋肉がないくせに調子に乗ってんじゃねぇ」と自分が相手より優れた部分を確認できるので、メンタルにかかるダメージを軽減できるからです。

『筋トレが最高のソリューションである』心に響いた名言5ページを紹介します

これらの自信があなたのフットワークを軽くする

なぜ自分に自信を持たなければいけないのか?

それは日々の満足度を上げるためだけでなく、新たなチャレンジに対するフットワークを軽くするためでもあります。

言うまでもなく、新しいことに挑戦するには勇気がいります。不安がのしかかります。

「私にできるかな…」「失敗したらどうしよう…」

そういった不安を払いのけるのが自信です。健康な肉体は、自分の人生を全うするための土台であり資本なのです。