ブロガーがスマホ中毒脱出アプリ「Forest」を1週間使ってみた結果

Hello, brother. This is upsetti.com

Forestは、スマホ中毒からの脱出を助けるために開発されたiPhone/Androidアプリです。

Forest by Seekrtech

Forest by Seekrtech
開発元:SEEKRTECH CO., LTD.
¥240
posted withアプリーチ

私は予定がなければ朝から晩まで1日中スマホを触っていられるほどのスマホ人間です。

スマホが好きすぎて、なんならスマホを助手席に乗せてドライブできます。(運転免許持ってない)

ただ、私がスマホに時間を費やした分だけ、私の生産性は落ちていきます。

できることなら人生、もっと生産的に過ごしたい。そんな思いから、私はこのアプリを見つけ出したのです。

1週間Forestを使ってみた結果

「スマホアプリなんかで本当にスマホ中毒から抜け出せるの?」

1週間このForestを試してみましたが、結論からいうと、Forestでスマホの使用時間は大幅に減らすことが可能です。

≪Forestを使う前≫

1日のスマホ使用時間…4~5時間

ブログの執筆時間…30~60分

≪Forestを使った後≫

1日のスマホ使用時間…2~3時間

ブログの執筆時間…2~3時間

スマホ使用時間が2時間強減り、それがブログの執筆時間に変換された感じです。

最近このupsetti.comの更新頻度が高いのも、このおかげです。

液晶を見ているという点では視力的に良くなってはいないのですが、「スマホを触っていないと落ち着かない」という症状はなくなりました。これは本当に大きいです。

今ではスマホを横に置きながらでも、一切それに触ることなく記事の執筆に集中することができています。

今までの使用時間が長ければ長いほど、体感できる効果は大きいと思います。

「Family Care キッチンタイマー」をポモドーロタイマーとして使ってみたら超適役だった件

スマホを触らないのが「楽しくなる」仕組み

Forestには、スマホを触らないでおくのが楽しくなる仕組みがいくつか用意されています。

決めた時間スマホを触らないでおくと木が成長する

Forestでは、最初に「スマホに触らず作業に集中する時間」を設定しなければなりません。

10分から2時間まで設定でき、設定した時間に応じて育つ木の大きさが変わってきます。

もし、作業の最中にスマホのロックを解除して他のアプリを覗いてしまった場合、木は成長せずに枯れてしまいます。ただし、それまでの時間は1日のトータルに加算されます。

貯まったポイントで新しい木をアンロックできる

決めた時間をスマホに触ることなく過ごすと、時間に応じてポイントが獲得できます。

このポイントを使用して、新たなビジュアルの木を開放することができます。

木だけでなく、短い作業時間を設定したときに植える「低木」や、作業中にかけることができる「BGM」もアンロックできます。

木のバリエーションが増えてくると「今日はどの木を育てようか」なんて考えたりして、段々作業に没頭するのが楽しくなってくること請け合いです。

アチーブメントを達成することでコインが獲得できる

Forestのアカウントに登録することでアチーブメント機能を開放することができます。もちろんアカウント登録は無料です。

アチーブメントでは木を〇〇本植えるなどのチャレンジを達成することで、木を育てるのとは別に報酬としてコインを獲得することができます。

育てた木で「箱庭」を作れる

Forestでは、1日で育てた木の総数を箱庭形式で確認することができます。これがたいへん可愛らしい。

努力と工夫次第で、自分だけのミニチュアな箱庭を作り上げることができます。

Forest流の独特なアプローチ

Forestが目指すのは、今までスマホに費やしていた時間を、生産的な作業時間に変換することです。

我々がスマホに依存していくのは、ことあるごとにスマホを触ってしまうから。

スマホのトータル使用時間を削減しようとするのではなく、まずは作業中のスマホ使用から禁じていくことによって、我々がスマホ依存症から脱却するのを目的としています。

Forestが、スマホを使用した時間ではなく使用「しなかった」時間を記録するのも、このような理由によるものだと考えられます。

Forestの「?」な機能

さて、これまでForestのいいところばかり評価してきたわけですが、改善してほしい「?」なポイントがいくつかあります。

ランキング機能

アカウントに登録すると、他にForestを利用している人たちが1週間でどれだけ頑張って木を育てているかを見ることができます。

ですがこのランキング機能、ほとんどランキングの意味を果たしていません。他のユーザーの次元が違いすぎるからです。

この方達レベルと競り合おうものなら、寝ているあいだも2時間おきにスマホを確認しなければなりません。ちなみにこのアプリは、スマホをなるべく触らないために開発されたアプリです。

また、自分と身近な比較対象がいないので「もっと作業に集中して、上位陣に食い込もう」というモチベーションが湧き起こりにくいです。

この辺はぜひとも開発者様に仕様変更してもらいたい部分です。

木の伐採機能

指定枚数のコインを消費することで、指定した木を引っこ抜くことができます。すなわち、作業記録を書き換えることができるのです。

箱庭画面をキレイにデザインしたいユーザー向けに実装されている機能なのでしょうが、「作業に集中してスマホ中毒から脱却する」という本来の目的からはズレている気がします。

スマホ依存脱却の「第一歩」としてオススメ

このアプリのコンセプトは、スマホのために浪費していた時間を、生産的で有意義な時間に置きかえるというものです。

厳密に1日の使用時間を可視化することはできませんが、間違いなくスマホの使用頻度は減ります。また、「スマホを手に持っておかないと落ち着かない」と感じることもなくなります。

はじめから完全にスマホ断ちを目指すのではなく、段階を踏んでスマホ依存から抜け出していくにはオススメのアプリです。

Thanks for your time.