本気でプレゼンを成功させたい人必見。話し方の極意を5つセレクトしました

Hello, brother. This is upsetti.com

明日の発表(プレゼン・授業・面接)で結果を出したい!

でも、大勢の前で話す自信がない…

会社でのプレゼンテーションをはじめ、人前で話すという体験は多かれ少なかれやってきます。

しかしほとんどの方はいきなり、毅然とした態度で、スラスラと内容が入ってきて、オマケに好印象を残すような話し方はできないと思います。

ですが、この記事で紹介しているポイントを意識するだけで、相手に好印象を持たれるようなプレゼンを展開することができるようになります。

1.おおきな声で、自信をもって話せているか

人前で話すにあたって、声のボリュームは非常に重要です。

発言内容が多少おかしくても、自信のある大きな声で話せば、聴く側はそれほど違和感を感じません。

むしろ、真剣に耳を傾けてくれます。

逆に、あなたが誰かの話を聴く立場にあるとしましょう。

前でボソボソとしゃべっているのを見ていると、退屈で、さらにはイライラしてきませんか?

つまり、声の大きさで、その人の信頼性がほとんど決まるのです。

勇気を持って、いつもより少しだけ声を大きくしてみてください。

多少声が上ずってしまっても、気にする人はほとんどいません。

2.視線を高めに保てているか

これは学校でもよく言われた経験があると思います。

自分の視線を、手元のカンペから、聞いている人たちに向けましょう。

なるべく、真ん中の列よりも後ろに視線を向けます。

…ただ、これが案外難しかったりします。発表してるときは緊張でそんなところまで考えが回りませんから。

そんなときは、事前にどの人の顔を見るのかを決めておきましょう。

会場の大きさにもよりますが、左・真ん中・右あたりから、表情が柔和な3人を選びだし、その人にだけ視線を送るようにしましょう。

観客から見れば、かなり余裕があるように映ります。

緊張が和らぎ、プレゼンならびにあなたの印象がグッと良くなります。

観客の視点を固定する

また、観客の視線をコントロールすることも重要です。

コントロールといっても、発表中、どこに視線を注いでもらうかを伝えておく、というだけのことです。

発表にパワポを導入し、レジュメを配布する場合は、発表を聴く立場の人は混乱をおこしやすくなります。

なぜなら、視点の置き場所が「発表者・パワポのスライド・レジュメ」の3つに分散してしまうからです。

私はお客さんに、自分が話すときは手元を見るのを禁止し、前のスライドもしくはホワイトボードだけを見てもらうよう指示しておきます。

すると、聴衆全体に集中する雰囲気が流れます。オススメです。

3.大事なポイントを強調できているか

トークは音楽と同じように、抑揚があったほうが盛り上がります。

ずっと一定のリズムで話されるよりは、押さえる部分、盛り上げる部分を使い分けたほうが、全体的に見たときの評価は高くなります。

ただ、ひと口に「抑揚をつける」といっても色々な方法があります。

トーンをかえる

トーン、すなわち声の調子を変えましょう。

話の重要な部分、盛り上がる部分の話す速度声の高さを、意図的に変えてみてください。

お笑い芸人さんも話が大きく転回するときは、声のトーンをかえています。

繰り返す

口から出た言葉というのは、書かれている文字を読むのとは違って、発されたあとすぐ宙に消えていきます。

「これだけは伝えたい!」という部分は、繰り返して言うようにしましょう。

私は、重要度が最上級のものに関しては、最初に2回、内容を説明したあと、おさらいに1回、計3回繰り返します。

逆にそれくらい繰り返さなければ、話の重要性は伝わりません。

間をおく

大事な発言の前には、一拍間をおきましょう。

例えば、通販番組における商品紹介シーンを脳内再生してみてください。

「今回ご紹介するのはコチラ!(ここで0.5秒、間を置く)二層式洗濯機です!」

意図的に空白の時間をもうけることで、聴く人に緊張感を与えることができます。

緊張を切り裂く一言の威力は絶大です。

さらに言うなら、「コチラ!」で声のトーンを上げることができれば完ペキですね。

緊張感をさらに増幅させることができます。

4.立ち位置を気にしているか

発表者の立ち位置が固定であればこの項は飛ばしていただいて構いませんが、そうでない場合、考慮しなければならないことがあります。

それは、発表者である自分がスクリーンやホワイトボードを覆っていないか、ということです。

ついつい話すことに夢中になってしまい、無意識のうちに聴衆の視界を妨害しているということはよくあります。

見たいときにスライドやボードが隠されているのは、聴き手にとって大きなストレスです。

ボードに書くときは、下部から手を伸ばすように。「今から書きます」と断りをいれるとなお良いです。

また、スクリーンに関しても、あらかじめ死角はないか、会場に入ったときに確認しておきましょう。

心地よいポジションを探す

人前で話すのが苦手なうちは、歩き回らず、心地よいポジションをとるのがオススメです。

実際に歩き回ってみないとわからないのですが、発表者にとって「ここ、居心地いいな」と思える立ち位置が存在します。

私の塾バイトの経験では、子どもたちから見てホワイトボード左側が最も安心できる立ち位置でした。

これも、時間があれば探してみましょう。

5.口ぐせやふるまいに気をつけているか

日ごろのふるまいや口ぐせは、無意識のうちにプレゼン中も出てしまいます。

「クセなんて、すぐ治らないでしょ?」

「治そうとしてみないとすぐ治るかどうかは分からない」というのが個人的な見解です。

昔から私は気がつけば手を動かしているタチで、大学入試の面接対策ではとても苦労しました。

なにせ、ひとつクセを治すと、また違うクセが出てくるんです(笑)。

鼻の下を意味もなく何度も触ったり、両手を前後に振ったり。

ただ、ひとつひとつのクセを治そうと意識した結果、今ではほとんど気になるようなクセはしなくなりました。

経験からいえることは、たいがいのクセは意識すれば治すことができる、ということです。

また、あなたのクセが他人から見て特に気にならないようであれば、無理に治そうとする必要はありません。

プレゼン前に、自分が目立った行動をしていないか、誰かに見てもらいましょう。

さらにプレゼン能力を向上させるには?

以上が、人前で話す際に意識すべき、大事な5つのポイントです。

当たり前ですが、すべてのポイントを1回で実践することは、なかなかできません。

すばらしいプレゼンというのは、長期的なトレーニングによって培われるものです。

しかし、以下の改善方法を使うことによって、何もやっていない人の何倍も高い効率でプレゼン力を磨くことができます。

ビデオを撮って見返す

自分の発表をビデオに撮って反省点を見つけだす人に、プレゼン能力の成長スピードで勝つことはほぼ不可能です。

それほど、この方法がもたらす効果は絶大です。

何事においても、「俺、いけんじゃね?」という甘い見通しは、貴重な上達の機会を逃してしまいます。

客観的に自分のスタイルを見直すことで、何ができていて、何ができていないのか、が具体的に浮かび上がってきます。

さらに、複数人でビデオを見ながら反省会ができれば、より客観的に改善点をあぶりだすことができます。

ただ、実際にこの方法を実践している人は、おそらくほとんどいないでしょう。

なぜなら、大概の人にとって、自分の姿をビデオで見るのは「恥ずかしい」からです。

自分は発表が上手いと思っている人ほど、撮影したビデオを見返すのは恐怖だと思います。

しかし、この恐怖を乗り越えることができれば、他の人と圧倒的な差をつけることができます。

他の人の意見をあおぐ

ビデオを見返すのがこわければ、見ていた人に「今日のプレゼンどうだった?」と意見をあおぎましょう。

良かったところ、悪かったところを、なるべく多くあげてもらいましょう。

意見を頼む相手も、なるべくフラットにものを言える人を選ぶといいです。

気をつかって甘い言葉ばかりささやく人よりは、ズカズカと口出ししてくれる人の意見の方がフィードバックとしての価値は高いことが多いです。

また、頼む相手はひとりではなく複数人の方が好ましいでしょう。

評価を決定づけるのは、発表のパフォーマンス

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

もう一度、今回のポイントについておさらいします。

1.大きな声で、自信をもって話せているか

2.視線を高めに保てているか

3.大事なポイントを強調できているか

4.立ち位置を気にしているか

5.口ぐせやふるまいに気をつけているか

実は、発表は「何を発言するか」よりも「どのように発言するか」の方がよっぽど他者の評価に影響を与えるんですよね。

全てのポイントをいきなり実行することは難しいと思います。

「これならできる」と思えるポイントから、順に実践してみてはいかがでしょうか。