【必要最低限】はじめてのジムで浮かないための持ち物・服装講座

この記事はこんな方にオススメです:

「はじめてのジムなので、何を用意していけばいいか分からない」

「まちがった服装で恥ずかしい思いをしたくない」

Hello, brother. This is upsetti.com

生まれてはじめてジムに行かれるのですか?

であれば、事前に服装と持ち物を確認しておくのは賢明です。

というのも私自身、はじめてのジムに憶測で服装と持ち物を選んでいった結果、いろいろと不便をこうむったので。

ですが、ジムにいくときの服装・持ち物は、実はあまり多くありません。

必要最低限で考えれば、新しくアイテムを買いなおす必要もほぼありません。

ほとんど自宅にあるものだけで、十分なジムライフを送ることは可能なのです。

服装

ウェア

ジム初心者の服装は、男性/女性ともに家にあるような半袖シャツ・ハーフパンツで大丈夫です。

施設は1年を通して適温に保たれているので、長袖・ロングパンツだと暑くてたまりません。

ちなみに私ははじめてのジムに、黒のレインコートとグレーの分厚いロングパンツでさながら走り込みにいくボクサーみたいな恰好で行ったので、めちゃくちゃ浮きました。汗もビショビショで最悪です。

また、わざわざスポーツ用品店で新しくデザインのイケてるウェアを買いなおす必要はありません。

夏の部屋着レベルのもので十分こと足ります。

ジムによってはオシャレな人ばかりが集まっているところもあるかもしれませんが、皆さんたいていは自宅の延長程度に考えておられます。

注意

フードがついた服を選ぶのはやめましょう。

マシンによってはジャマになったり、フードが巻きこまれたりするので危険です。

選択肢がそれしかない場合、トレ中は首元にしまっておきましょう。

シューズ

館内で履くシューズに関しても、走りやすいものであれば何でもオッケーです。

私の場合、学生時代に履いていた体育館用シューズをそのまま使っています。

最悪、ランニングマシーンを利用せずにウエイトトレーニングだけするのであれば、ハッキリ言って靴すら必要ありません。

ですが、基本的にはシューズを履くことが義務化されていると思うので、何かしら靴は用意していきましょう。

MEMO

靴ずれを起こさないためにも、靴下は履いていきましょうね。

その他

着替えについては、その後の動き次第で必要かどうかが変わってきます。

私はいつも活動時の恰好でジムに行ってそのまま帰ってくるため、わざわざ着替えを準備していく必要がありません。

もしトレーニング後に仕事に戻らないといけないといった場合は、着替えを用意しておくといいですね。

また、筋トレをがっつりやりこんでいる人がベルトやグローブを着用しているのを見かけることがあると思いますが、初心者がそのようなグッズを身に付けていると浮きます。

ウエイトトレーニングの基礎が理解できたうえで、そういったグッズに手を出すようにしましょう。

≪服装に関するポイント≫

服装は家にある「半袖・ハーフパンツ」で十分。

室内用のシューズを忘れずに!

飲み物

飲み物は、脱水症状になるのを防ぐため、筋トレ後の栄養補給のために必ず持っていくようにしましょう。

初心者の方は覚えることが多いので、はじめからプロテインのことまでには気が回らないと思います。

水、お茶で十分です。

MEMO

プロテインがはじめての方は、このプロテインがオススメです。

コンビニやスーパーで販売しています。

タンパク質がしっかり摂れて、なおかつ美味しいことで評判です。

≪飲み物に関するポイント≫

最初は水やお茶で、知識がついてきたらプロテイン等に手を出す。

タオル

タオルは、ハンドタオルくらいのサイズで十分です。肩にかけて丁度よいくらいのものを持っていきましょう。

また、シャワーに入る必要のある方は、別途バスタオルを用意しておきましょう。

ジムでバスタオルを貸与してくれるなど、かつて聞いたことがありませんから。

MEMO

ジムによっては、シャワーを利用するのにもお金がかかります。

有料の場合を想定して、小銭も持っていくのが無難でしょう。

飲み物の自動販売機も利用できます。

≪タオルに関するポイント≫

ハンドタオルは汗を拭くために必須。

シャワーを浴びる人はバスタオルも持っていこう!

あると便利なもの

ここまではジムで必ず必要な持ち物を挙げてきましたが、ここでは「別に必要ないけど、あると便利なもの」を挙げていこうと思います。

イヤホン・音楽プレーヤー

基本的にジム内ではポップな音楽が流れています。

ですが、もしトレーニング中にお気に入りの曲を聴きたい場合は、イヤホンと音楽プレーヤーがあると便利です。

また、ランニングマシンにはイヤホンジャックがついているので、走りながら音楽を楽しみたい人はイヤホンだけでも準備しておくといいでしょう。

MEMO

トレーニングによっては、イヤホンのコードが邪魔になるときがあります。

Bluetoothイヤホンであれば、線が器具に絡まったりすることはなくなるでしょう。

また、ランニングマシンでもBluetoothに対応しているものは多くあります。

スプレー・汗拭きシート

シャワーする時間がないときは、制汗剤スプレーや汗拭きシートが便利です。

私は汗が出たらとりあえずタオルで拭き、自宅でシャワーを浴びるようにしていますが、人によってはこちらが必要になってくるのかなと思います。

ジムだからといって気負う必要はない

はじめてジムに行く人にとってみれば、ジムってなんだかこわいイメージがありますよね。

みんなガチガチにトレーニングして、初心者が入っていくスキがないというか。

ですが実際は、ごく一部のジムを除いて、ジムには色んな方がいらっしゃっています。

ウエイトで自分の限界に向き合っているマッチョな方もいれば、ダイエットやシェイプアップのために来られている方、健康維持のために楽しくエクササイズされているご年配の方まで。

各自、それぞれのスタイルでジムに来られています。

「トレーニー足るもの、こうあらねばならない」といった定義はありませんので、気軽にジムに向かってください。

一緒に頑張りましょう!