自信こそすべて。あなたのフットワークを10倍軽くするマインドセット

Hello, brother. This is upsetti.com

どうすればすぐに行動する人間になれるのか?

どうすれば優れた判断力が手に入るのか?

どうすれば一つのことをやり遂げる力が身に付くのか?

これらの問いに答える形で、数えきれないほどの情報が回答を提示してくれています。例に漏れず、この記事もその役割を担っているはずです。

何の大した実績もない私ですが、ひとつ回答を出すことができました。

「自信こそすべて」

今回は、その思考過程を書き殴ってみました。

人間は自らの行動を正当化する生き物である

人間は自分の行動を正当化する生き物です。あらゆる失態を「仕方がなかった」で済ませようとする生き物なのです。

「お金がない」といい、友人の誘いを断る。

「私はもともと太りやすい体質なの」といい、ダイエットを諦める。

 

一方で、友人の誘いに対してフットワークの軽い人間・ダイエットを完遂し、見事な変貌を遂げる人間もいます。

私たちはしばしば、そういった人間たちのことを「成功者」と呼びます。

成功の秘訣を尋ねると、彼・彼女らは口を開いてこう言うのです。

(友人の誘いに乗ることで・ダイエットをすることで)

「面白そうな世界が待っていそうだから」「可能性が広がるから」

 

成し遂げる者と挫折する者の考え方、どちらも納得がいくようで納得いかない印象です。

むしろ、説得力があるかどうかという観点で見れば、諦める人間の言い分の方が納得しやすいかもしれません。

ただ、少し冷静に考え直してみましょう。

あきらめることに理由付けは必要でしょうか?

自分が本心でやりたい・成し遂げたいと思っていることの反対意見を持ち出して、いったいどうなるでしょうか?

ポジティブな動機を与える

自身が犯した失態に、真に正当性のある理由を与えることは、なかなか難しい。

しかし、考え方を変えれば、ほとんどの理由は言い訳にすぎません。

人間、本当に興味があれば、既定のイベントをボイコットしてでも友だちの誘いを受けるし、本当に痩せたければ、本気で生活まるごとをデザインし直そうとするでしょう。

ほとんどの理由は、自分を正当化するための言い訳に過ぎないのです。

 

どうせ正当化してしまうなら、ポジティブな行動を促す言い訳を探しましょう。言い換えればこれは、自分をどれだけ都合よく騙すことができるかの問題なのです。

なりたい自分になりたいなら、運命や神さまみたいに、合理的に根拠のないものも持ち出したって構いません。

「この友達の誘いを断ったら、2度と運命を変えることはできない」

「ここでダイエットに挫折したら、神さまに見放されてしまうだろう」

 

自分を変える上で、思考過程(どんな理屈で成功を収めたか?)はそれほど重要ではありません。自分を変えることができた、その結果こそに価値があるからです。

もう一度言います。自分を変えたければ、自分を成功に導きたければ、ポジティブな根拠を持って自分を騙し続けることが一番の近道です。

自然とフットワークが軽くなる方法

ところで、どうすれば諦める理由ではなく、成し遂げる理由が湧いてくるような精神をつくることができるでしょうか?

答えは割と身近にあって、それは運動です。

私は毎日の生活プログラムの中に、朝、夕のジョギング・筋トレを必ず組み入れるように心がけています。

私が運動を続ける一番の理由シンプルで、「一日中、幸福を感じることができるから」です。

ここでは、運動があなたとあなたの生活にどれほどの影響をもたらすかをダラダラと述べるつもりはありません。

なぜなら、誰だって今までに運動を経験していて、汗を流すその素晴らしさを少なからず知っているでしょうから。

 

運動は、私に幸福感をもたらすとともに、自信も授けてくれます。自分は優れた人間であると、根拠なしに言い聞かせてくれるのです。

自信を身に付けた私は、いかなるリスクもとろうと覚悟できるようになります。行動指針が消極的なものから、積極的なものに切り替わります。

ひとつ言い残しておかなければならないこと

この考え方は、一歩間違えると危険な思考となりかねません。

私たちが今まで育ててきた倫理観・道徳を飛び越えてしまう可能性があるからです。最悪、犯罪行為にも正当な根拠を与えることができてしまう。

でもあなたは、ただ自分を変えたいだけでしょう?

何かを成し遂げたいだけでしょう?

では、リスクを考慮している場合ではありません。自身の足を止める理由を考えている暇などないからです。

Thanks for your time.