2018年5月現在、肉体改造を計画しています

Hello, brother. This is upsetti.com

ここでひとつ、皆さんに報告しておかなければならないことがあります。

といってもあなたにとってはおそらく非常にどうでもいいことで、肉体改造を計画している、というただそれだけのことです。

具体的な計画の内容と現状

肉体改造を計画しています、という言い方は正確にいうと間違っています。

そう、私の計画はすでに始動しているのです。それも、1か月以上も前から。

2018年5月現在、私の体重は54キログラム、身長は168センチメートルです。

見た目はひょろひょろで、非常に線が細く、頼りがいのなさそうな感じです。

私が彼女であれば、ヤンキーに絡まれたときのことを想像して付き合うのをやめてしまうでしょう。

そもそも、付き合うのをやめようとする彼女がいません。

肉体改造計画の内容として、現在以下の3つを中心に進めています。

  1. ジムでのウエイトトレーニング
  2. 自慰行為の禁止、いわゆる「オナ禁」
  3. 適度な食事管理

1.ジムでのウエイトトレーニング

ジムは今月初週に入会し、現在平均週3日のペースで通っています。

先ほど述べた通り、私はひょろひょろの頼りがいのないセロリスティックボーイなので、バーベルすらロクに持ち上げられません。

最初はベンチプレスで25キロでも1回上げるのに精一杯でした。

筋トレマニアの友人が高校時代にベンチプレスを最大65キロ上げたと言っていたので、半年以内にまずは70キロ上げるのを目標に頑張ろうと考えています(この設定の仕方は大丈夫なのか?)。

目指すはムキムキジェントルメン。

2.自慰行為の禁止、いわゆる「オナ禁」

オナ禁は高校時代から何度もトライしては失敗して、トライしては失敗しての繰り返しでした。

これはもうすでに目標達成した節があって、今までの最高記録が3週間(=21日)だったのが、今回なんだかんだで47日目に突入しております。

とりあえず100日の境地を味わいたいので、しばらくは記録を更新し続けることになると思います。

3.適度な食事管理

アスリートの方やボディビルダーの方は非常に厳密な食事管理をされるそうですが、私は筋肉を育てるために「なるべく」で食事制限をしようと考えています。

理由は単純で、私が同じものを食べ続けられない飽き性だからです。

なるべく適切なタイミングで、なるべく高タンパクな食材を優先して接収するよう心がけます。

なぜ肉体改造を計画しているのか?

女性にモテるため

なぜ今まで運動経験のほとんどなかった私がジムに通い、オナ禁で快楽を遠ざけ、食事制限で自らを律するのか?答えはこれ以上ないくらいシンプルで、どうしようもない理由です。

そう、「女性にモテるため」です。

恥ずかしながら、私はこれまでロクな恋愛経験がありません。というか、誰かと付き合った経験自体ありません。

なぜなら、今までの私のとなりには常に、女性の代わりになる存在があったからです。

小学・中学校ではゲームが、高校では勉強が、大学では再びゲームが、私と多くの時間をともにしていたからです。

「このままではセロリどころかチェリーのまま死を迎えてしまう」そんな焦燥感に駆られた私は、今回このような計画を画策したわけであります。

健康的な心身をベースに次なるステップへ躍進するため

仰々しく書きましたが、筋トレ・オナ禁・食事制限を始めたのはこのような理由が少なからずあります。

楽観的な考え方をするか、悲観的な考え方をするかは、生まれつきの性格ではなく、そのときの精神状態や気分で決まるものだと私は信じています。

そして同様に、恒常的な楽観的思考が、私の幸福度を高めてくれるとも信じています。

そしてまた、このような楽観的な思考習慣を形成するのが、日常的な筋トレ・オナ禁・食事制限などの「自己管理」の類であるとも信じています。

つまり、先の3つを習慣化することはすなわち、新たなチャレンジに挑戦する私を作ることと同義なのです。

恥を忍んで宣言することで、責任を持つ

なぜ今回、わざわざ自分の醜態を晒すような記事を書いたのか?それはほかでもない、「自分の発言に責任を持つため」です。

現在はまだまだセッション数の少ない匿名のブログですが、インターネット上という不特定多数の方が見る可能性を秘めたフィールドでこのような宣誓をすることで、自分、そしてこれを読んでくださっているあなたに責任を取るためです。

必ずムキムキバデーになり、彼女を作ってここに戻ってきます。

(結果は変化を実感できたタイミングで都度報告する予定です)