1日1記事はもう疲れた。急激にブログを書くのが楽しみになる『1日1000字』のススメ

この記事はこんな方にオススメです:

ブログを収益化したいが、なかなか記事を書く気になれない…

自分の更新ペースを確立したい!

あなたは、「1日1記事」という文言を聞いたことがありますか?Twitterなどでブロガー界隈を覗いてみれば、この1日1記事というルールが、ブロガーの指標のひとつになっています。

しかし、この1日1記事ルール、常に守り続けることは容易ではありません。

ブログ経営を始めたうちは、私もこのルールに従っていたのですが、途中で上手くいかなくなりました。

なぜなら、1日1記事ルールには、思わぬ落とし穴があったからです。

1日1記事ルールの弊害

1日1記事ルールは、ブロガーにとって、更新指標のひとつになっています。

しかし、この1日1記事のルールに縛られるあまり、以下のような被害を引き起こす場合があります。

まず、1日1記事というルールの下では、記事一つ一つの質は問われません。

文字数が多く、質の高い記事を書ける日もあれば、文字数の少ない、薄っぺらな記事を書いてしまう日も出てきます。

一度でも質の良くない記事を書いてしまえば、「次はもっと良い記事を書かないと」と、自分を責めてしまうのです。つまり、次の日に記事を書くハードルが上がってしまうのです。

結果、パソコンを起動することすら億劫(おっくう)になります。ブログを書くことに対するモチベーションが著しく低下するのです。

全ての人がこのようなスパイラルにおちいることはないと思いますが、私同様、おちいる人はおちいります。

特に、記事ひとつひとつにコダワリを持っている、完璧主義な人ほどおちいりやすいです。

新提案、1日1000字ルール!

「1日1記事ルールでブログ運営が上手くいかなくなった…」

「もうブログ書きたくねぇ…」

そんなあなたに提案するのが、1日1000字ルールです。1日に少なくとも1000字は書こう、という考え方です。

必ずしも1000字である必要はありません。記事を仕上げることではなく、コンスタントに1000字書くことがミソです。

先ほども書いたように、1日1記事ルールが立ちいかなくなるのは、記事ごとに質的な差が出てきてしまうからです。

一度、文字数10,000字の大作記事でも書いてしまえば、次の日に書く記事のハードルはグンと高くなります。「またあれだけの記事を書かなきゃいけないのか…」って具合に。

そこで、1日1記事ルールに捉われるのをやめ、1日1000字ルールを取り入れてみてください。

10000字の記事と500字のペラッペラな記事を、同じ「1記事」としてみなすことから脱却できます。

実際にやってみて体感してもらうのが一番わかりやすいですが、1日1記事ルールのデメリットをほとんど感じなくなります。

  • 記事を途中で書き終えてもいいので、記事の質が確保される
  • 記事を書くプレッシャーが和らぐ

有名なブロガーさんのつぶやきを見ていても、「その日しのぎで適当に書いた記事は、ほとんどアクセスを稼いでいない」という発言が多いです。

500文字の記事×10の価値と、5000字の記事×1の価値、果たしてどちらが高いでしょうか?

1日1記事ルールの真意

Twitterなどで1日1記事が声高に叫ばれる真意は、「記事の更新を習慣化すること」だと私は思っています。

1日1000字程度であれば、どれだけ忙しくても時間を捻出できるはずです。

メンタリストのDaiGoさん曰はく、「ある習慣が定着するには、その作業を66日間続ける必要がある」そうです。

しかし、1日あたりの作業量は、どれだけ少なくても、手をつけさえすればいいらしいのです。

例えば筋トレを習慣化したい場合なんかも、スクワット5回でいいからやるべき、だそう。

この原理でいえば、極端な話、記事の更新も「1日1文字」で大丈夫だということです。66日経てば、逆に「やらないと気持ち悪い」という感覚になっていきます。

必ずしも1000字である必要はない

DaiGoさんの話であったように、ある習慣を確立するには、どれだけ少なくてもその作業をすることが重要である、ということを書きました。

そして、極端な話、習慣化のためなら1日1字でも大丈夫だとも書きました。

今、あなたがブログをまったく書きたくない気分であれば、まずは1文字でいいから記事を書いてみてください。

記事を書くことに慣れてきたら、文字数を徐々に増やしていきましょう。

私の場合、1日1記事ルールを信奉していたころは、PCを起動することすらメチャクチャ嫌でした。

ある日、思い立って1日1字ルールから始めたところ、今では1日3000字でも平気です。

また、自身のライフスタイルも考慮して、文字数を決めてみましょう。副業でブログをやっている方、ブログネタをコンスタントに確保できない方は、ノルマを少なく見積もって構いません。

まとめ

1日1000字ルール、いかがでしょうか?要は捉え方・考え方を変えただけで、トータルで見ると書くサイズはそれほど変わりありません。

しかし、人間とは不思議なもので、考え方ひとつ変えただけで驚くほどモチベーションが湧いてくることがあるのです。

そして、この1日1000字ルールは、あなたを動かし、記事を更新する習慣をつくるお手伝いをしてくれます。ぜひ一度、騙されたと思って試してみてください!