男性諸君につぐ!休みの日こそヒゲを剃った方がいい4つの理由

Hello, brother. This is upsetti.com

あなたは男性ですか?であれば、休日はヒゲを剃る派ですか、剃らない派ですか?

本当は私は、永遠に剃らないでいたい派です。生まれつき肌が弱いのでなるべく肌を傷つけたくありませんし、なによりヒゲをいちいち剃るのは面倒です。

できることなら、1ヶ月くらいヒゲを伸ばしに伸ばして、一気に剃る快感を味わいたいです。

ですが、私はなるべく2日に1回はヒゲを剃ります。たとえその日に外出する予定がなかったとしてもです。

今回は、休日にヒゲを剃ることでどんなメリットが得られるのか見ていきたいと思います。

1.フットワークを軽くするため

1日のはじめにヒゲを剃ることで、その日のフットワークが軽くなります。

ヒゲを剃るだけでなく、顔を洗って、髪をセットし、服を着替えることで、外出にかかる心理的なハードルを下げることができます。

休日はなにかと家でダラダラしがちですが、平日の仕事のパフォーマンスを高めるためには、休みの日でもなるべくアクティブに活動した方が良いそうです↓

【ホリデイリフト】休日に部屋でゴロゴロは逆効果⁉メンタリストDaiGoの「休日の効果的な過ごし方」とは?

身だしなみをしっかりしておくことで、予定がなくても外出できる体制になります。

2.やる気スイッチを入れるため

ヒゲを剃るという行為が、今日の自分のスイッチを入れてくれます。

私は毎日ブログを書いているため基本的に平日も休日も存在しないのですが、朝にヒゲを剃った日はやる気が続いて、その日を楽しく過ごせます。

家の中にいると、どうしても鏡に自分の姿が映ります。その姿がだらしないと、なんだか引き締まりません。

逆に、ヒゲを剃って身だしなみを整えた自分がPCの画面に映ったりすると、「今日なんかイケてね?」って感じでやる気がみなぎります。

ある種、休日をエネルギッシュに過ごすための願掛けみたいなものですね。

3.清潔な自分を保つため

日本の一般的なイメージとして、ヒゲ=不潔という印象があります。このイメージに、少なからず私も影響を受けている節があって、ヒゲを生やしているときの自分は不潔で苦手です。

ヒゲを伸ばした状態ではなく、ヒゲを剃ったクリアな状態を自分の当たり前にしたい。

清潔なセルフイメージを持つことは、先ほどのやる気やフットワークの軽さに繋がってきます。

4.習慣を継続させるため

私たちが日常的に行っている「習慣」は、少しでも気が緩むと崩壊してしまいます。

たとえそれが20年以上続いている習慣であったとしてもです。

例えば、歯磨き。毎日、朝/昼/晩に磨くのが習慣だったはずが、会社に歯ブラシを持っていくのを忘れたせいで一度だけ昼の歯磨きを怠ってしまった。

そこで「1日3回は多いと思っていたから、ちょうどいいや」と正当化でもしてしまったら、その瞬間、今までの習慣は変形してしまいます。

歯磨き、入浴、筋トレ、そして髭剃りといった、自分をキレイな状態に保つための習慣は、常に守り続けなければなりません。一度失った習慣を取り戻すのは、容易ではないからです。

休日「だからこそ」ヒゲを剃る

毎日のヒゲ剃りは非常にメンドクサイ。休みの日くらい、ヒゲを剃らずに肌を休めたい。

ただそこで、あえてヒゲを剃ってみる。

普段は剃らないタイミングでヒゲを剃っただけで、一日がとても満足したものになる。

大げさと思うかもしれませんが、ぜひ一度試してみてください。

ちなみに、以下は私が5年以上使用している電動ヒゲソリです。

一度も故障がないあたり、さすがヒゲソリ大手メーカーです。